心筋梗塞のリスク回避で健康生活|さよなら胸のドキドキ

心筋梗塞と動脈硬化

薬

心筋梗塞は日本人の三大死因の一つに数えられる身近な病気で、年間十五万の人が発症しています。心筋梗塞は動脈硬化によって引き起こされます。動脈硬化はメタボリックシンドロームとの関連性が指摘されています。メタボリックシンドロームの予防が動脈硬化の予防に繋がり、心筋梗塞のリスクを低減させます。

» 詳しく読む

生活習慣を見直す

ウォーキング

心筋梗塞を改善してくためには、生活習慣について見直しを進めていくことが必要になります。日常生活の中で体調に影響を及ぼしてしまう習慣があるという場合は、これらに応じて改善を進めていくことが必要になります。

» 詳しく読む

死因のトップ

心筋梗塞の症状がどういったものか興味がある方はこちらをご覧ください。気になる症状があったら早急に病院に行きましょう。

免疫療法に対応している医院はこちらなので相談してみませんか。がんと闘うための力を付けることができますよ。

病気

欧米では急性心筋梗塞が死因順位の第1位を占めている国が多いです。 我が国では、現在、心疾患は主要死因の第2位です。生活習慣の欧米化とともに今後増加すると考えられています。 心筋を養う冠動脈の血液がとだえ、一定領域の心筋が壊死し、 その結果、心臓の正常な機能が大きく障害されます。 冠動脈硬化を基礎病変として60歳前後を中心に発症します。 症状として、激しい胸痛や息苦しさ、顔面蒼白、冷や汗脂汗で発症します。 胸痛ないし強い胸苦しさは30分以上持続し、狭心症に有効なニトログリセリンは無効でモルヒネを必要とします。 高齢者は非定型的症状をしばしば呈し胸痛は経度な場合も多いです。 痛みもない無痛性心筋梗塞の場合もあります。

急性心筋梗塞は、重篤な不整脈や心不全、ショック、心破裂などのための急性期の死亡率が約40%と極めて高いといえます。 高齢者の予後は壮年者に比べると不良です。 急性心筋梗塞では、全死亡の半数は発症後2〜3時間以内に生じるので、心筋梗塞の疑いがある場合には患者を、速やかに心臓集中治療室のある医療施設に収容し、患者の全身状態と心電図を常時監視する、必要があります。 心筋梗塞発症の初期は1分間の時間との勝負であるといわれています。 発症後48時間以内の致死率が特に高いためそれを乗り切れば救命できる確率もあがります。 合併症として不整脈、心不全、乳頭筋断裂、心破裂、心室瘤、心筋梗塞後症候群があります。 心筋梗塞後症候群とは発症後数週間後に生じる自己免疫性心外膜炎のことです。

苦しい症状に悩まされる

夫婦

心筋梗塞になってしまうと血管に異常が発生される用になってしまいます。コレステロールや脂質のコントロールを行っていく必要があるので、現在の習慣について見直しを進めていくようにすると良いでしょう。

» 詳しく読む